私の顔はパンダである

小説-私の顔はパンダである|イメージ画像

 つまり、今の私の顔はパンダである。いくら私がこの映画の主人公だとしても、それは恥ずかしい。後ろから軽い靴音がしている。多分女であろう。ここで『落ちかな』と感じた瞬間「先輩。ちょっと先輩。先輩は足が速いんですね」と息を切らしながら、そのオンナは声を掛けてきた。

 直ぐに気が付いた。高校のときの後輩で有った。「友美、何をしているんだ。」「先輩こそ強いんですね。」そうか良く考えたら、『映画の中に出て来る様なこんなシーンが自分の人生の中で3回も有るのは不思議で有る。3回、しかも続けて有るなんて事は、絶対ありえない事。』だと気が付いた。

 それならこのシーンは間違いなく『オレが主人公の映画である。』と確信してしまった。いきなりハードボイルド調になってオレは『いい女が何であんなチンピラなんかと付き合っているんだ。』『付き合っている訳じゃないわ。唯歩いていたら、そのチンピラが声を掛けてきただけ。』

『それって、ナンパじゃないか。そんな事にいつも付き合っているのか。』『たまたまよ。そう、たまたま。オンナだってたまには寂しくなる事も有るわよ。』『ふーん。まぁ、良いわ。どっちにしても俺は行くから。』『えっ、どこに行くの』

『海。海風に当たりに週末は行っている。』『えっー、私も行きたい。絶対行きたい。連れて行ってくれるでしょう。』『そうだな。それじゃ行くか。』…駐車場まで友美と一緒に歩いてに続く。

上記記事を読みました

データを偽造しています

 せっかく稼いだのですから年末ぐらい、と思います。高級腕時計が欲しいよ。通販で買おうか? なんて考えてみましたが、さすがに、と言う感じです。また勉強にもなりますしね。さて問題解決に関してですが、実は私携帯サイトはまったく分らない、と言うか良く分っている人もいない様子でさらに言えば、グーグルなどの検索エンジン側もまだ試行錯誤の状況ではないでしょうか?

 ですので突然上位に表示されたり、逆にまったく表示されなくなったりするような傾向があるのではないでしょうか? 現段階で言える事は以上です。何か気付きましたら再度メールをお送りいたします。

 スパム攻撃ですが、実質的に企業がするとは考え難いです。一昔前ならドメインなどから相手を特定する事は難しい面がありましたが、現状では(ドメイン)企業側も積極的な公開をしているようですのでわりあい簡単に発信者が分ってしまいます。

―――― Copyright-Big Sanwa web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります