それってナンパじゃないか

小説-それってナンパじゃないか|イメージ画像

「それってナンパじゃないか。それにこの前とストーリーが同じじゃないか。 誰もそんな同じストーリーは望んではいないんだ。」

「だったらどうしたらいいのよ、何か名案があるの。」と彼女は反論してきた。私はこう答えた。
「大抵こんな話の後は、男と女で有るから、一緒にホテルとか、俺の部屋とか行くのがストーリー的に本筋だと思うけど。」

「そんな話し、ちょっと安易に考えすぎよ。それに私が何故あなたと、そんな関係持たないといけない訳。」

「別にいいじゃねえか。そんなに減る物じゃないだろ。」
「あーあっ。やっぱり男っていやらしい。助平だし。デリカシーが無いし。安易に物事を考えるし。女性の心がわからないのね。もっと良いアイデアは浮かばないの。」

 かなり俺は考え「そうだ。題名だ、題名。確か『ホンダCB550フォアに乗る男』と出ている。つまり俺がバイクに乗れば良い訳だ。」

「でもそれだとこの前と一緒でしょ。車がバイクに変わっただけ。でその後警察に捕まる訳。それでお仕舞い。」

 ちょっと考え、「それなら警察に捕まらなければ良いんだ。ちょっと確認しに行こう。」そして二人で大通りまで行ってみた。赤いパトライトは回っていない。警察はいない様子であるに続く。


 世界のほとんどの検索エンジンで有効なSEOサービスを提供いたします。今日現在で100K のbacklinksを得る方法の提案です。驚くべきxrumerサービスを利用して、これまでの常識では信じられないウェブトラフィック(来訪者)を得てください。エントランスに関する考え方はこちら。

―――― Copyright-Big Sanwa web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります