警察はいない様子である

小説-警察はいない様子である|イメージ画像

 今日は、警察はいない様子である。その大通りは、時間的に、まだこれからという感じで、大通りには酔っ払った人が結構歩いている。

 もしもバイクでぶつかったりすると大変だ。そう思いながら歩いていると酔っ払いの一人が私の方にふらついて来た。私は避けるつもりで商店が並んでいる右側によった。するといきなり一緒に歩いていた友美が殴ってきた。

 「やっぱりそう言う事ね。男はスケベでいやらしい事がはっきりしたわ。どうせ頭の中はそんな考えしかしていないんだから。」

 何か訳が分からず頭の上を見ると薬局と出ていた。ご丁寧にその下のチラシが『避妊具[コンドー○]有ります』と出ていた。思わずこれで落ちたらだめと思い、言い訳をしないで男らしく自分のバイクに乗った。

 そして彼女に向い、「ごちゃごちゃ言わないで俺の後ろに乗りな。海までぶっ飛ばすど。」強引に後ろに乗せ俺は海に向かった。バイクはいつもの調子で俺たちを運んでくれるはずであった。はずであった、ガソリンが切れた。ハイOKです。このシーン...

上記記事を読みました

決定的なウソを述べています|イメージ画像

 今回のしつもんです。サーバーをどうしますか? 無料-サーバー|口コミで運営されるとなると、今までの分は生かされません。今までの分も生かすとなると、FC2を継続して遣うことになります。

 既にヤフーでの承認も得られたようですのでFC2でも構いませんが、一番の問題は「勝手に携帯サイトへのリンクが作られ、尚且つそれがサイトの中央に表示される」と言う点にあります…最高の霊能者が集結した。

 これらの広告などは無料で使う以上しょうがない事ですが、長期にわたって収入を得る場合、必ず先で邪魔な存在に感じるはずです。またデザイン的にもダサいのでCSSなどで工夫をする必要があります。

―――― Copyright-Big Sanwa web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります