ヤフカテ登録が絶対条件

ヤフカテ登録が絶対条件|イメージ画像

 ですがヤフカテ登録が絶対条件と言うわけではなく、1・2・3位のサイトはヤフカテ登録をしていません。これらのサイトの特徴は単語数が多い、単語の種類数が多い、サイトボリュームが多い。これらの点が私のサイトと比較したときの特徴です。

 また、最近良く言われることですがメタタグ、h1タグを各ページで変えているサイトの方が上位に入っているようです。ですが3位のサイトだけはh1タグを63回も使いまわしています。つまり絶対的な条件ではない、と言えるでしょう。改善する必要性はありますが、それ以上に重視すべき点があるというわけですね。

 この様に見ていくと、被リンク件数も絶対条件ではないことが分ります。私の場合これまでグーグルがメインでしたので、グーグルの場合被リンク数と、質がかなりのウエートを占めていましたが、ヤフーの場合被リンク数も絶対条件ではないことが分ります。

多い方が有利になる

多い方が有利になる|イメージ画像

 もちろん多い方が有利になることは間違いありませんが、被リンク数以外の面も改善する事により、ライバルサイトに勝てる可能性がある、と言えます。

 最後になりますが、今回のアップデートで特徴的な事を発見しました、と言うよりは、この様な考え方もしていると言う推測です。

 通常の人であれば、サイト内に書く記事はテーマに沿った記事を多く含むほうが有利になる、と考えますよね。ところがヤフーの場合、様々なテーマで記事を書いているサイトを上位に表示させる、と言うアルゴリズムがあるようです。

 つまり多くに情報を公開している、と言う考え方ですね。言い方を変えると、ある特定の分野ばかりを公開するよりも様々な情報を公開しているサイトの方が優秀である、と言う考え方です。

  1. 安いラスベガス旅行…最低額(これだけは無いと無理と言う金額)まで
  2. 乱視用-コンタクトレンズ…このまま本業の方が忙しい事になれば
  3. スポーツグッズ通販…大事な事も伝えられないし。

逆に言えば購入されそう

 逆に言えば購入されそうに無いアイテムを紹介しても、買うはずは無い訳で、購入する人の心理をある程度推測できていないと、売上げアップにはつながりません。 と偉そうに言う私も実は良く分ってない訳で、これが正確に把握できれば今以上に売上げは上がるはずです。と言う訳で、ネットを利用して購入する人の「理由」を挙げてみましょう。

 ネットを利用するからにはネットを利用する理由があるはずです。ちなみに数字に意味はありません。1、ネットで購入する方が安い。2、ネットでしか購入できない。3、ネットで購入すると特典が付いている。4、買いたいアイテムが近くの店に無い、もしくは該当するショップが遠い。5、買い物をする時間が無い。6、持って帰るのが面倒(例えばお米、あるいは水など)

 ブログよりもホームページの方が、稼げます。なんていつも言っているから、詳しくは言いません。これまで様々な人と交流してきましたが、素直に私の意見を取り入れた方は、それなりに成果を上げています。

 なぜ見ないのか? トラック業界をワザワザネットで調べる人は殆んどいないからです。この事を考えると本業で得られる知識をそのままサイトに反映できる人はサイトの情報量が増えるので稼げます。

購入するのが恥かしい

 7、実店舗で購入するのが恥かしい。8、衝動買い。9、前回のブログにも書きましたが「管理人が好きだから」など、セミナーで聞いた内容は以上です。ですがこれら以外に独自に意見を添えたいと思います。10、ポイントが溜まっている。11、アフィリエイトをするために、売ろうと思う商品を試している。12、実店舗では販売員が話しかけてくるのが嫌い。

 13、実店舗よりもより詳しい情報が集まるから、などと成ります。さてこれらの事項について、私なりの意見を述べさせていただきます。まず最初の「ネットで購入する方が安い」と言う点ですが、これは詳しく述べないでもご理解いただけるでしょう。例えばテレビなどは購入後のアフターサービスに難点はありますが、近くの家電量販店などで購入するよりも通販の特価セールなどの方がはるかに安い。次の「ネットでしか購入出来ない」と言う点ですが、例えば月の土地などはネット上でないと販売しているショップを探す事さえ難しいですよね。

 また、来年の税金を考えて正確な金額を出しました。今年度の受け取り総額は「228万9380円」と成っています。今年は残り僅かですが、もう少し受け取れる報酬があるので240万円前後の攻防となりそうです。

―――― Copyright-Big Sanwa web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります