検索エンジンで一番よく使われている

検索エンジンで一番よく使われている|イメージ画像

 検索エンジンで一番よく使われているのはヤフーですよね。これは誰に聞いても『間違いない』と言われるでしょう。その次に使われているのが、グーグルですね。では両者を実際に使う人の割合はどのくらいだと思われますか? あまりにも多くの理論があり正確だとは言えませんが、私の場合、ヤフーを使う人は5割 グーグルを使う人は3割程度だと感じています。

 すると残りが2割ありますよね。その2割の内、5割(全体から言えば1割)の人がMSNを使っているのでは、と感じています。残りの1割は例えばニフティやライブドア、ビッグローブなどがありますが、これらを使う人は結局グーグルの検索エンジンの力を借りているのでグーグルに含まれると言えるでしょう。

 つまり、検索エンジンからのアクセスはヤフーが5割、グーグルが4割、MSNが1割と言う計算になります。たったの1割と思われるかもしれませんが、例えばあなたのブログに毎日、検索エンジンからのアクセスが20人居たと仮定しましょう。月間では600人、年間では7200人あなたのブログにアクセスする計算になります。

 ところがMSNからのアクセスがなくなると720人もの減少になるのです。もっと言えば一日のアクセス数が200人だとしたら年間7200人、一日のアクセス数が1000人になれば36000人以上の減少につながるのです。 それよりももっと怖いのは現在MSNからのアクセスが無くなっただけですが、もしもMSNと同じようにヤフーやグーグルからのアクセスがなくなったとしたらどうします?

  1. SEO対策に関する記述
  2. メタボリックシンドロームの危険性
  3. サイドビジネス

SEOを考えている我々

SEOを考えている我々|イメージ画像

 ゆえに、SEOを考えている我々には「エンドユーザーがグーグルとヤフーの関係に強く興味を持ち、これまで使っていた検索エンジンを変える」と言う考え方は成立しません。難しい屁理屈ですが、不要な紙にその関係を書けば理解できると思います。

 だから、わざわざその事をメールマガジンの話題として取り上げるのは専門家としては3流以下のレベルしか持たない、と宣言したバカな人が変なことを言っている、いう私の判断です。我々にSEOの商品を売りたいのであれば、最低限「買ってみたい」と思わせるような文章を書かない(書けないと)と専門家たち(つまり我々は)認めません。

私は、出雲大社に行っていた

私は、出雲大社に行っていた|イメージ画像

 私は、出雲大社に行っていたことを知らぬが仏で、翻訳からそれを作り始めるときのまず失敗になるようにもちろんこれを考えます。その前にホームページ経験をしました。

 うれしかった私が以下の通り目的としたテーマは、ここのサイトです。しかしながら、重大になるのは、その前に神秘的なものから作られたサイトからの収入が安定性で発生して、途中に捨てられる間、可能ではありません。先日再びそれを作ろうとすると思われましたが、それは再び途中で失敗します。第2代これによるワークヘッドは作られていません。

 言うので、現状が言われるなら、始めのサイトが稼がれたサイトを大いにする1つしかありません。これらは将来、どのように上げられるでしょうか?缶は一生懸命動作してばっかりいますが、あなたはどのようにそれを上げましたか? 将来、上げられてください、が後のホームページ記事にそれを予想するというホームページ記事を望んでいます。むけてください。

 また、単に読書することによって私のホームページを得ている人は、知っています。私は始めのサイトが今利かせるということです。

―――― Copyright-Big Sanwa web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります